龍三と七人の子分たちの解説

数多くの個性的な作品を世に送り出してきた北野武監督が、ユニークかつ異色の設定で放つコメディータッチのドラマ。オレオレ詐欺の被害者となって憤慨する元ヤクザの組長が子分を引き連れ、孫のような若さの首謀者たちを成敗していく。藤竜也、近藤正臣、中尾彬らベテランや実力派俳優たちが世直しに息巻く血気盛んなヤクザを快演する。高齢化社会や詐欺犯罪といった社会問題を巧みに盛り込んだストーリーに加え、バスの暴走などハードなアクションも見もの。

龍三と七人の子分たちの基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

2015年4月25日 111分 ワーナー・ブラザース映画、オフィス北野 日本

龍三と七人の子分たちのレビュー・評価

おじさま方、マジカッコいいっす!人間、歳をとっても熱いのがイイっす!
キレ無し、センス無し、パワー無し!「世直しに立ちあがった」あ? ちと違うんでないかい? 全面戦争を、コミカルに、もっと勢いよく描いた映画を期待していましたが、内容は細々している。世界観もちっさ!せこい!!!予告見てはちゃめちゃ爽快感を期待していただけに失速感大。 実は視野広いのに、せこさをどう落としてくるかとキレが、ツ―ビ―トの頃のたけしさんの売りだと思っていたけど、この映画ではたんにせこいだけ。俳優陣やご自身のアイデアを料理しきれていない。一つ一つの場面は、さすがお笑い芸人、コントとしてクスクス笑える場面もあったけど。う~ん、これツ―ビ―トや懐かしの「オレたちひょうきん族」の面々、ドリフのコントとかならもっと笑えたろうになとついその面影を追ってしまう。(いかりやさんの「ダメだこりゃ」が聞こえてきそうだ。もしくは「しらけ鳥」とか、タケちゃんマンが出てきそうだ)俳優陣は皆様超ベテラン。チラシの立ち姿は、ここぞとキマッテいて、どれだけ画面で暴れて下さるんだろうとの期待感がMAXになっていただけに、ああ!!もっと骨太の男たちを期待していたんだけど、せこい、せこい。イメージがぁあ!!!!(小野寺氏の右翼だけは、このハズシ感計算の上でしょと思いますが)まあ、でもこのベテラン俳優のコントはたぶんニ度と観ることないだろうし、彼ら特有の間でそれなりに面白い。けど、もっとカット割りとか、場面展開がスピーディーだったら映画の印象変わったかもしれない。すごくもたもたしている。この場面いらないんじゃないの?というのもあったし。お茶の間コントのつなぎ合わせ。TVの特番でよかったのじゃないだろうか?彼らのすごさを台詞で説明するんじゃなくて、演技でやってもらいたかったなあ。それができるメンツ揃えているんだから。日本の名優陣を使うんだからもっと練ってほしかったです。レビュアー試写会で鑑賞。プレス用の特大パンフレット頂いたし、誉めなきゃいけないんだろうけど、ここに嘘は書けません。ごめんなさい。映画としては☆1つですが、俳優陣の珍しいコントがみられたのと『ひょうきん族』を思い出させてくれたので☆2つ。

龍三と七人の子分たちの配信情報

龍三と七人の子分たちのレンタル情報

藤竜也出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス