散歩する侵略者の解説

『アカルイミライ』などの黒沢清監督が、劇作家・演出家の前川知大が結成した劇団イキウメの舞台を映画化。数日間失踪したのちに様変わりした夫が妻のもとへ戻ったのを機に、平穏だった町が変化するさまを描く。「地球を侵略しに来た」と妻に告白する夫を『舟を編む』などの松田龍平、そんな夫に翻弄(ほんろう)される妻を『世界の中心で、愛をさけぶ』などの長澤まさみ、一家惨殺事件を調査するジャーナリストを『セカンドバージン』などの長谷川博己が演じる。

散歩する侵略者の基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

2017年9月9日 129分 松竹=日活 日本

散歩する侵略者のレビュー・評価

当時、映画館で見たんだけどこれは広告詐欺だった。コナンのスケボーシーンなんてみじんも(あったかもしれない)無かった、記憶上は。そして犯人の動機がくだらなすぎて、ゲスト声優もあんまり上手くなくて、中学生ながらにこれは評価できない映画だと思った。キッドとコナンはかっこいいけどね!
宇宙人による地球侵略もの、と聞けば大仰なSFスペクタクルを予想しそうだが、意外にも映画の中心は会話劇。それもそのはず、原作は舞台劇の戯曲で、これをホラーの名手・黒沢清監督が映画化した作品なのだ。特撮も爆薬も使えない舞台で、宇宙人による侵略をどう具体化するか――そんな出発点から、人間の概念を奪うという基本コンセプトが生まれたのではないかと想像する。これなら、概念を奪う行為そのものは台詞と動作の演技で表現できるし、概念を奪われた人間の変わりようも、日常に突然生まれた非日常を可視化できる。こうした原作のアイデアに黒沢監督の演出によるショッキングな場面とほどよいユーモアが加わり、さらに映画らしい派手なアクションシーンも添えられて、邦画のスケール感で十分に説得力あるSF侵略劇と相成った。「侵略者」という非日常と、「散歩」の日常。このギャップを無理なく繋げたところが本作の肝と言えよう。
前半部分は良かった。松田龍平も長澤まさみも良かった。しかしながらたったの三人だけを送り込むとか、概念を集めながら片手間に有り合わせの部品で通信機を組み立てるとか、行き当たりばったり過ぎる。それがこの作品の味なのかもしれないが‥愛が地球を救うというラストは予想通り。

散歩する侵略者の配信情報

hulu amazon prime video

散歩する侵略者のレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV U-NEXT Rakuten TV

長澤まさみ出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス