パンク侍、斬られて候の解説

芥川賞作家・町田康が執筆した、江戸時代が舞台の人気小説を映画化。規格外の能力を持つがいいかげんな侍である主人公・掛十之進には綾野剛がふんし、自らがまいた種で起こる騒動に翻弄(ほんろう)されるさまが描かれる。『謝罪の王様』などの宮藤官九郎が脚本を手掛け、『シャニダールの花』で綾野と組んだ石井岳龍監督がメガホンを取る。共演は、北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、渋川清彦、國村隼、豊川悦司ら。

パンク侍、斬られて候の基本情報

公開日

配給

制作国

公式サイト
2018年6月30日 東映 日本 http://www.punksamurai.jp/

パンク侍、斬られて候のレビュー・評価

さてこのどこからどう見てもけったいな代物をどう表現すればいいのか。町田康の文体をナレーション付きで表現するのも極めて難易度の高い創造的作業だが、その難しいセリフまわしを自分のものにして体現する役者たちにもヒヤヒヤ、ドキドキさせられる映画である。本作は町田、それに脚色を手がけた宮藤の技もあって、前半では言葉に牽引される部分が多い。そこに『狂い咲きサンダーロード』や『爆裂都市』で伝説を刻んだ石井岳龍のパワフルな怪物性がニョキニョキと巨大なツノを生やして本性を露わにするのはむしろ後半になってから。そこではもう映像と言葉が完全に調和し、画面がそして身体が自ずと突き動かされるようにスイングを始める。何がどうなるのかは口が裂けても言えないが、頭を抱えてしまうほど混乱と破滅と狂気と興奮に満ちたボルテージみなぎる映像世界には、日本映画界にこの人あり、と指をさしてしまいたくなるほど敬服の思いが沸き起こった。
僕は世界にはパンプのバイブルと数数えられないバイブスがあると思う。普通の映画はバイブスとパンプのどちらも取り入れているが、この映画はパンプ100%と0.0001%の偶像で作られている。果汁100%だ。新鮮でそして乱れているこの映画は最高だと思う。この映画は最高であり全てだ。最後にサイコフスキーの言葉にあるように「人は人であり、人は動物である。人は虚像だ。」

パンク侍、斬られて候の配信情報

パンク侍、斬られて候のレンタル情報

綾野剛出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス