咲 Saki 阿知賀編 episode of side-Aの解説

麻雀の全国大会を目指す少女たちを描く、小林立によるコミックを実写化した青春ストーリーの劇場版第2弾。主人公たちが以前住んでいた阿知賀を舞台に、麻雀バトルが活写される。主人公を演じる桜田ひよりをはじめ、伊藤萌々香、恒松祐里、渡邉幸愛、中山莉子、南沢奈央、咲良菜緒らが出演。監督は、前作と同じく小沼雄一が務める。

咲 Saki 阿知賀編 episode of side-Aの基本情報

公開日

配給

制作国

公式サイト
2018年1月20日 ティ・ジョイ 日本 http://www.saki-project.jp/

咲 Saki 阿知賀編 episode of side-Aのレビュー・評価

 前作である『咲-Saki-』とはある程度リンクしている。 その前作の主人公である宮永咲(浜辺美波)は今作では別の高校で、名前も宮永照と変えている。とにかくズラリと並んでいる登場人物一覧を見ても、この浜辺美波と南沢奈央しか知らない。そんな彼女たちが普通では考えられない女子麻雀部で活躍しているのだ。実際には女流プロ雀士を目指す女子高生の大会はあるものの、参加者は8名とか、とにかく高校生麻雀人口はとても少ない。女子高生が麻雀を打ってたら楽しいだろうな~という作者の思いも想像できる。 全国高校麻雀大会・奈良県予選を突破した阿知賀女子学院麻雀部。団体戦大将を務める一年生の高鴨穏乃(桜田ひより)は、転校していった幼なじみの原村和ともう一度麻雀で遊びたいという思いを抱いて全国大会に挑む。トーナメントでは阿知賀の相手は怪物級の強豪校ばかり・・・映画では一回戦、二回戦を順当に勝ち進み、メインとなるのが阿知賀、千里山、新道寺、白糸台の4校による準決勝だ。ちなみに決勝戦までは描かれていない。 麻雀を嗜む人ならば普通に楽しめる内容ではあるが、実際の頭を使う麻雀というより、超能力じみた能力を発揮する選手が何人も登場する。一巡先を全て読むことができる子だったり、かならずダブルリーチをかけてカンをした後必ず裏ドラを乗せる技を持つ子、次の選手に上がった点数の倍で上がれるパワーを送る子などだ。中でも最も強いと感じたのは浜辺美波演ずる白糸台の宮永だろう。最初は千点から、次に二千点、と倍々ゲームのように上がり点数が増えていく。それが先鋒でだったために、あっという間に他校と7万点以上の差をつけてしまったほどだ。次鋒、中堅と進むにつれて点差は縮まっていき、大将戦では実に面白い展開を見せてくれる。 ほぼ準決勝がメインとはなっているが、参加メンバーそれぞれの幼少期のエピソードを挿入したり、普通にある麻雀実況中継に味付けをしてある。そうした実況中継番組が好きな人や、可愛い女子高生が30人以上スクリーンに登場するのだから、そうした人向けの映画かもしれない。女性客は極めて少ないと思われます。
女子高生と麻雀て流行ってるの?違和感しかないし、出演者も全く知らない。可愛い子もいるが、微妙な子も‥リアルだから?

咲 Saki 阿知賀編 episode of side-Aの紹介記事

咲 Saki 阿知賀編 episode of side-Aの配信情報

咲 Saki 阿知賀編 episode of side-Aのレンタル情報

桜田ひより出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス