センセイ君主の解説

「別冊マーガレット」で連載された幸田もも子のコミックを実写映画化した学園ラブコメディー。冷たくてひねくれている高校教師と、バカ正直な女子高校生が織り成す恋物語を描く。イケメン教師にドラマ「過保護のカホコ」などの竹内涼真、ヒロインに『君の膵臓をたべたい』などの浜辺美波がふんする。『君と100回目の恋』などの月川翔がメガホンを取り、『ヒロイン失格』などの吉田恵里香が脚本を担当した。

センセイ君主の基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

公式サイト
2018年8月1日 105分 東宝 日本 http://sensei-kunshu.com/

センセイ君主のレビュー・評価

恋に全力のさまるん(浜辺美波)が、冷徹な数学教師、ヒロミツ先生(竹内涼真)に猛アタックするストーリー。原作が好き。終盤、自分の恋(幸せ)よりも、好きな人の幸せを願って身を引こうとするさまるんの悲しい笑顔、とても良かった。途中で北川景子が出演していて、『君の膵臓を食べたい』を彷彿とさせた。どちらも月川翔監督の映画。キミスイ好きとしては嬉しかった!!浜辺美波かわいいし、割と馬鹿な演技良かったけど、もうちょっと馬鹿さ盛ってほしかったな〜笑ヒロミツ先生は、竹内涼真じゃない。竹内涼真は泣く演技とかがあるような、情熱的な感情的な役の方が合う。神木隆之介、向井理あたり?合いそう笑
少女コミックの映画化。近頃の人気コンテンツだが、いかんせん、漫画のコマと吹き出しをそのまま映像化したような、勢いだけの青春ラブコメに陥りがち。しかし!本作は恋愛コンプレックスの女子高生がイケメン教師の胸めがけて、一直線に突進していく様を、漫画とは異なる映画のリズム感で追っていて、いつの間にか引き込まれている自分がいた。それは、ヒロインを演じる浜辺美波の、それこそ顔面神経痛スレスレの熱演と、受けてはいなす竹内涼真先生の"間の取り方"が絶妙だから。結果、何かに向けてまっしぐらになることは決して恥ずかしいことじゃないんだと、いまどきの若者たちをしっかり鼓舞して、映画は終幕へ。個人的に、猛暑に茹だった今年の夏、最も爽やかな涼風を感じた日本映画が、コレだった。なので男子1人でも、是非!
王道のラブコメですが、浜辺美波も竹内涼真もキャラクターに合っててとてもよかったです。ストーリーはありがち、終盤の展開がやっつけ仕事でしたが浜辺美波のキャラクターが嫌味なく可愛いかったのでOK。脇を固める役者もよかった。

センセイ君主の配信情報

netflix

センセイ君主のレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV Rakuten TV

竹内涼真出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス