アルキメデスの大戦の解説

「週刊ヤングマガジン」連載の三田紀房のコミックを原作にした歴史ドラマ。1930年代の日本を舞台に、戦艦大和の建造計画を食い止めようとする数学者を描く。監督・脚本・VFXを担当するのは、『ALWAYS』シリーズや『永遠の0』などの山崎貴。主演は『共喰い』や『あゝ、荒野』シリーズなどの菅田将暉。軍部の陰謀に数学で挑む主人公の戦いが展開する。

アルキメデスの大戦の基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

公式サイト
2019年7月26日 130分 東宝 日本 https://archimedes-movie.jp/

アルキメデスの大戦のレビュー・評価

普通に楽しめはしたけど、原作既読で映像化しても特に目新しさはなかったので辛め。
戦艦大和の建造をめぐる数学者の戦いという、原作の発想がまず素晴らしい。太平洋戦争には、非合理的な判断が数多くあり、先の大戦で最も欠けていた要素が、この作品の主人公の持つ合理的思考だろうからだ。戦艦大和はたしかに当時世界最大の戦艦だったが、全く戦果を挙げられないまま轟沈した。海軍の運用が適切であれば、もっと戦えたという意見もあるのだが、しかし、実力を出せずに散ったその姿は前後の日本人に判官びいきの感情とともに、無駄の象徴ではなく愛すべき対象として残ってしまった。「この戦艦を作ってはいけない」と合理的な思考で判断をくだす主人公は、しかし、数学者として大和の設計を美しいと感じてしまう。数学者の業と日本人の判官びいきの心象がなんだか重なって見えるのだ。業や情緒を優先してしまうその有様はまさに日本人的だ。東京オリンピックのいざこざを見ていると、日本人は同じ失敗を繰り返していることは一目瞭然。なぜその失敗から逃れることができないのか。それは日本人の心象に深く根付いたもので、我々が日本人である限り逃れることはできないのかもしれない。
少し期待し過ぎたかも知れないこの映画は会議や駆け引きなどの人間ドラマである結局、戦艦大和が建造され、のちに撃沈されることはわかっているし映画としては結末が中途半端だと思うただ、フィクションのエピソードだが惹かれるものがあるし役者たちの熱演が良かったですね

アルキメデスの大戦の配信情報

アルキメデスの大戦のレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV U-NEXT Rakuten TV

菅田将暉出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス