バケモノの子の解説

『サマーウォーズ』などの細田守が監督を務め、人間界とバケモノ界が存在するパラレルワールドを舞台に孤独な少年とバケモノの交流を描くアニメーション。人間界「渋谷」で一人ぼっちの少年と、バケモノ界「渋天街」で孤独なバケモノ。本来出会うはずのない彼らが繰り広げる修行と冒険を映す。バケモノと少年の声を役所広司と宮崎あおいが担当するほか、染谷将太や広瀬すずら人気俳優が声優として名を連ねる。不幸な少年が身勝手なバケモノとの出会いにより成長し、絆を深めていく感動的な物語に期待。

バケモノの子の基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

2015年7月11日 119分 東宝 日本

バケモノの子のレビュー・評価

親のいない少年と力は強いが一匹狼の様に過ごす熊のバケモノとのバディストーリー一緒に成長していく過程とか面白い!
 この世で、バケモノ熊徹(声:役所広司)と偶然出会った少年(声:宮崎あおい)が強さを求め、異界へ旅立つ決意をし熊徹の弟子、九太として成長していく。 いがみ合っていた二人が、お互いに不思議な絆を感じ始め・・。 成長した九太(声:染谷将太)は、この世で高校生少女楓(声:広瀬すず)に出会い、新しい価値観を学んでいく・・。 世界観が独創的であり、実に魅力的。 尚且つストーリーの根幹は少年の成長物語であり、(ちょっと風変わりな)親子の絆を描いている王道テーマの作品。 異界で登場する ・百秋坊(声:リリー・フランキー 見た目もリリーさんに似ていると思ったのは私だけかな?) ・多々良(声:大泉洋 このキャラクターも大泉さんとマッチ) ・チコ(声:諸星すみれ) ・宗師(声:津川正彦) ・一郎彦、二郎彦兄弟と父、猪王山  も実に魅力的である。 そして、猪王山と熊徹との手に汗握る決戦。 近年の邦画アニメーションの中でも秀作の部類に入る作品であると思う。<2015年7月11日 劇場にて鑑賞>
クソツマらんすぎて、この時間使ってナウシカ見たほうがまし。何もかも唐突。クマテツと全然絆芽生えた感じないし。急に父親に切れたり、女子高生の思い通りにコントロールされたり。急に女子高生にキレたり。急にヨウゼンの息子が蹴ってきたり。情緒ってもんがわからんのかねー。小林靖子に脚本を頼んでは?他の人も言ってたけど、なぜ鯨。白鯨を読んでたから?ファンタジーこそリアリティーが大事だから、なんかなんでクマテツはおっさん同士で暮らしてんのとか、なんで人間界と行き来できんの?とかイチロウヒコが人間だってなんでばれてないのとか色々気になるあと陰のない単調な絵柄が、下手に見える

バケモノの子の配信情報

バケモノの子のレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV Rakuten TV

役所広司出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス