探偵はBARにいる3の解説

大泉洋と松田龍平の共演で映画化した『探偵はBARにいる』シリーズ第3弾。今回も札幌のススキノを舞台に、大泉演じる探偵と松田演じる高田の名コンビが女子大生失踪事件の真相に迫る様子を活写する。田口トモロヲ、松重豊らシリーズおなじみのメンバーに加え、新たに北川景子、前田敦子、リリー・フランキーらが参加している。

探偵はBARにいる3の基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

2017年12月1日 122分 東映 日本

探偵はBARにいる3のレビュー・評価

安定しておもろいやつ。探偵と高田の掛け合いはやっぱり最高。まだまだ続編も見たいねえ。
前2作よりもアクションシーンのリアリティが向上した。スロー再生とカメラワークと音響の巧みなコントロールにより重量感が増し、迫真性につながったのだろう。テレビでの演出のキャリアが長い吉田照幸監督だけに、テンポの良いドラマ運びはさすが。映画的なショットを要所にはさみつつ、基本的には軽妙なタッチでストーリーを進めるのがこのシリーズには合っている。終盤のスケールの大きな山場、切なさと脱力のラストなど、記憶に残るシーンもたくさん。もちろん、雪の中の海でパンツ一丁になった大泉洋の熱演も忘れられない。長寿シリーズに育ってほしい。
1から続けて見ているが、2では少々妙な路線に行ってしまい心配していた今作はちゃんと軌道修正し、ストーリー重視で頑張った印象、面白かったシリーズお決まりのシーンの数々も、変にエスカレートせず、作品の雰囲気を思い出させてくれるのにちょうどよい按配で挟み込まれていた高田の強いという設定のわりにキレの悪い動きもスローでそれらしく見せてくれていて良かったマリはぎこちなさすぎる表情が気になるが、美人というだけで説得力が出ているので問題なし探偵の明るさと信念のおかげで、楽しい気分を維持できる今作でシリーズの締めになるのか、高田が旅立つ設定になっており、寂しさがプラスされているのも良かった彼らをもっと観たいと思わせながら終わるのも良いし、また作ってくれるならぜひ観たいとも思う相変わらず、愛着の湧くキャラクターたちが魅力的な一作だった

探偵はBARにいる3の配信情報

hulu amazon prime video

探偵はBARにいる3のレンタル情報

amazon prime video TSUTAYA TV Rakuten TV

大泉洋出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス