怒りの解説

『横道世之介』『さよなら渓谷』などの原作者・吉田修一のミステリー小説を、『悪人』でタッグを組んだ李相日監督が映画化。現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄を舞台に三つのストーリーが紡がれる群像劇で、前歴不詳の3人の男と出会った人々がその正体をめぐり、疑念と信頼のはざまで揺れる様子を描く。出演には渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡など日本映画界を代表する豪華キャストが集結。

怒りの基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

年齢制限

2016年9月17日 142分 東宝 日本 PG-12

怒りのレビュー・評価

俳優が全員素晴らしい。広瀬すずの作品あんまり見たことなかったけど感情の表現がすごいな。信頼とは何か、とても考えさせられる。
少し長過ぎるのとゲイのラブシーンがきついのが難だが、そこそこの出来の映画。宮崎あおいが知的障害者の役をうまく演じている。犯行の動機に説得力が不足しているのではないか?
みんないい演技をしていたが、入り込めない展開で好きでは無い手法。他に不倫男やら覚醒剤男が出ていて現実に引き戻される。やはりスキャンダル俳優は抹殺して欲しい。

怒りの配信情報

netflix amazon prime video

怒りのレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV Rakuten TV

渡辺謙出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス