ミュージアムの解説

「ヤングマガジン」連載の巴亮介のサイコスリラー漫画を実写映画化。現場に謎めいたメモを残し雨の日にだけ残忍な猟奇殺人を繰り返すカエル男と、妻子をカエル男に狙われた刑事の攻防をスリリングに描き出す。原作の持つ迫りくるような恐怖と絶望感を表現するのは、『ハゲタカ』や『るろうに剣心』シリーズなどの大友啓史。犯人を追ううちに極限状態に追い込まれていく主人公を、『信長協奏曲』シリーズなどの小栗旬が熱演する。

ミュージアムの基本情報

公開日

配給

制作国

2016年11月12日 ワーナー・ブラザース映画 日本

ミュージアムのレビュー・評価

心の底まで土足で踏み入られ、鑑賞中も鑑賞後も胸がザワザワしっぱなし。映倫Gなのは驚きだが、随分と残虐な描写を見せられたようでありながら、実は直接的な描写は皆無なのかも。。。だとしたら、本作そのものが愉快犯のごとく規制線をギリギリのところでかいくぐり我々の想像力を大いに弄んでいるみたいで、むしろそっちの方がゾッとする。かくも表現の限界にまで挑んだ本作だが、それを構築している小栗と妻夫木という二大巨頭の魅せる凄みと人間的迫力、その狭間に柔和な存在感を差し込む尾野や野村も印象深い。そして何よりも、細部に至るまで役者陣が全員野球のように本気でうごめく迫力はまさに大友作品ならではと言っていい。ここまで緊張感を高め、なおかつ観客を絶望の淵へいざなう作品はあまりお目にかかれない。とはいえ、怖いものが苦手な人にはいささか強烈すぎる場面もあるので、方々、くれぐれもご注意を。
観てる間、犯人役の俳優さんがさっぱりわからなかった。あまり有名な俳優さんではないのかなーとか目がかわいいなとか思ってて。見終わって俳優さんの名前確認してびっくり。妻夫木くんとはまったくわからなかったよ!もう一度犯人シーンだけ観てみたけど、妻夫木くん、こういう完全狂った悪役の演技もするんだね〜すごいや。顔はほんとに妻夫木くんってわからない。目を瞑って声を聞くと確かに妻夫木くんだわって感じ。映画の感想は全部妻夫木くんがもってったわ(笑)フツーにハラハラして面白かった。ほんとすごいわ、妻夫木くん!

ミュージアムの配信情報

ミュージアムのレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット Rakuten TV

小栗旬出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス