三度目の殺人の解説

第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作『そして父になる』の福山雅治と是枝裕和監督が再び組んだ法廷サスペンス。死刑が確実視されている殺人犯の弁護を引き受けた弁護士が、犯人と交流するうちに動機に疑念を抱くようになり、真実を知ろうとするさまを描く。弁護士や検事への取材に加え、作品の設定通りに実施した模擬裁判で出てきたリアルな反応や言動などを脚本に反映。福山ふんする主人公が弁護を担当する殺人犯を、役所広司が演じる。

三度目の殺人の基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

2017年9月9日 124分 東宝、ギャガ 日本

三度目の殺人のレビュー・評価

二時間なのになんだかもっと長い間見ていた気分になった全員に感情移入できるのは良い映画重いテーマなのに重くなりすぎく、かといってあざといお涙頂戴の演出もなかったおかげできちんと感動できた 軽いピアノの演奏が良かったのかも 
謎めいた事件の真相を追う者が、対峙する犯人の闇にいつしか取り込まれてしまうという筋は、映画にもたびたび登場する。接見室のガラス越しの対話シーンという点では、近年の傑作『凶悪』(白石和彌監督)と共通するが、役所広司が演じる三隅を指して語られる「空っぽの器」という言葉で、黒沢清監督作『CURE』を思い出した。そこでは刑事の役所と、催眠暗示の使い手の萩原聖人、それぞれの状態を示唆するように同様の表現が使われる。『CURE』では役所が犯人を追う側、『三度目の殺人』では犯人という立場の違いはあるが、犯人のブラックホールのように空虚な闇に取り込まれてしまう構図や、一種の超能力のような特殊能力を犯人が備えることの示唆を合わせると、黒沢監督の『CURE』に対する是枝監督からのアンサーソングのようにも思える。そう考えると、三隅が残す「十字」は、『CURE』の「X字」の切り傷との符号のように見えてくる。
監督の名前だけで取った作品賞?

三度目の殺人の配信情報

amazon prime video

三度目の殺人のレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット TSUTAYA TV Rakuten TV

福山雅治出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス