ラストレターの解説

岩井俊二監督が体験した出来事を基にした物語で、松たか子、広瀬すず、神木隆之介、福山雅治らが共演するラブストーリー。初恋の人と再会したヒロイン、ヒロインを彼女の姉と誤解した小説家、母に送られる小説家からの手紙に返信を書く娘の、心の再生と成長が描かれる。岩井監督の出身地である宮城県で撮影が行われ、音楽を『スワロウテイル』などで岩井と組んだ小林武史が担当する。

ラストレターの基本情報

公開日

配給

制作国

公式サイト
2020年1月17日 東宝 日本 https://last-letter-movie.jp/

ラストレターのレビュー・評価

タイトルからも岩井俊二の劇場映画デビュー作『Love Letter』の変奏であることは明らかで、『Love Letter』だけでなく、さまざまな岩井俊二作品のモチーフが随所で引用されている。岩井俊二という人の作劇はかなり特殊で、これを本人以外がやっていたらパクリと言われるのがオチだろう。しかしさすがは本家の岩井俊二。どう転んでも「似てる」ことなど承知の上で、入り組んだ構成をより複雑に、とんでもなく複雑にアレンジしていて、ラディカルと言っていいほど野心的な作品に仕上がっている。群像劇、と言えなくもないのだが、とにかく主人公がバトンレースのように交代していくこの方式は、「映画とはこういう風に進むもの」という先入観をハナから否定している。思えば『Love Letter』のラストシーンも従来の映画的な結末から飛躍したもので、あれから25年を経てもなお、岩井俊二は自らが生み出したジャンルを更新しようとしているのだろう。全編どこを切ってもあふれてくる岩井汁。それでいてどこか新しい。集大成のようで、現在進行形の映画作家の凄みを感じた。
乙坂が最初から同窓会に来たのは妹だと気づいていたこと、こっちまでドキッとしてしまいました。景色をドローンで撮っているのかとても綺麗な映像でした。また、あの犬を妹の旦那が買ってこなければ、広瀬すずが散歩にて乙坂と出会っていなかったこといろいろ含めて繋がりがあるな~と思ってました。いつも不思議な感じで終わる監督の映画が好きです。しかし福山と神木くんピッタリでした!

ラストレターの配信情報

ラストレターのレンタル情報

松たか子出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス