天気の子の解説

『秒速5センチメートル』などの新海誠監督が、『君の名は。』以来およそ3年ぶりに発表したアニメーション。天候のバランスが次第に崩れていく現代を舞台に、自らの生き方を選択する少年と少女を映し出す。ボイスキャストは、舞台「『弱虫ペダル』新インターハイ篇」シリーズなどの醍醐虎汰朗とドラマ「イアリー 見えない顔」などの森七菜ら。キャラクターデザインを、『君の名は。』などの田中将賀が担当した。

天気の子の基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

公式サイト
2019年7月19日 114分 東宝 日本 https://www.tenkinoko.com/

天気の子のレビュー・評価

映像と音楽に支えられすぎているような気がしました。十分だけど、プロの声優もっと使って欲しい。
家出して東京に出てきた少年の前に立ちはだかる「東京」という壁。屹立する大都会を映像に落とし込んだ密度に圧倒される。つまり、情報量がやたらと多い美術の厚みは、そのまま少年には太刀打ちできない現実の重みとなるのだ。しかし、少年に若き日の自分を見たやさぐれた大人や、大人に頼ることなく生きたいという想いを共有する少女との交流によって、少年はかろうじて「東京」に対抗する術を手にする。映画はやがて、東京を(拡大すれば世界そのものを)守るべきか否かという選択の物語になっていくのだが、少年が選んだ道を100%支持したい。現実という枷をぶち破ることこそが、フィクションが与えられた自由と希望だと思うから。にしても、明るくライトな『君の名は。』の東京とは真逆の印象であることが興味深く、これまで不勉強でよく知らなかった新海誠という人の視点に今更ながら興味を持ちました。
導入から、あまりにもこすり倒された設定で笑ってしまったなんとなく田舎が嫌で大した理由もなくぽっと東京に出てくる、そして都合よく身分証もなしに住み込みの働き口が見つかるという出会ったばかりのヒナが好意的すぎるのも気持ち悪いなぜか偶然拾う拳銃に対しても、異物感が酷く入り込めないむしろ天気云々のファンタジーの方が、拳銃よりよほど受け入れやすい話だった唐突に歌詞付きの曲が主張してくるのも煩く、ストーリーを追う上で邪魔にしか感じないクライマックスでは、主人公は我を通すために拳銃をぶっ放す指一本で人を殺せる手段を行使して脅すサマにドン引きしたその一回だけならまだいいが、拾った直後に人に向けて発砲し、それをヒナに咎められている、にも関わらずそういった手段に出たというのが不快だった主人公はそれがどういう行為かしっかり認識しているのに、あえて行ったということになるからだそこまでの強い気持ちに共感できないのは、主人公に魅力を感じないから劇中はその後次々と盛り上がりまくっていたが、周囲の人々が命をかけて助けるほどの魅力が主人公のどこにあったのか分からなかったそんな状態で見てしまうと、大袈裟すぎる演技に白けてしまってもうどうしようもない呆然となんか異常に盛り上がってんなーと思うばかり絵はキレイだった

天気の子の配信情報

天気の子のレンタル情報

Rakuten TV

醍醐虎汰朗出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス