Diner ダイナーの解説

『さくらん』『ヘルタースケルター』などの蜷川実花がメガホンを取り、藤原竜也が元殺し屋の天才シェフを演じるサスペンス。ある女性がウエイトレスとして身売りされた殺し屋専用のダイナーを舞台に、店主と店を訪れる凶悪な殺し屋たちの異様な世界を描き出す。原作は『「超」怖い話』シリーズなどが映画化されたホラー作家で、監督としても活動している平山夢明の第13回大藪春彦賞受賞作。

Diner ダイナーの基本情報

公開日

配給

制作国

公式サイト
2019年7月5日 ワーナー・ブラザース映画 日本 http://wwws.warnerbros.co.jp/diner-movie/

Diner ダイナーのレビュー・評価

蜷川実花作品もちろん映像、色味きれい特に玉置浩二ティナがよかった 窪田くんの優しみ
原作への冒涜くそ実写の模範です。なにが実写化実現不可能の映画を実写化だよ。ふざけんな。キャスト無駄遣い、謎の恋愛要素蜷川実花の気持ち悪い世界観を演出するためだけにダイナーという作品の名前を借りただけのクソ映画です。終始イライラいしっぱなしでした。1円の価値もありませんみなさん見ないようにしましょう
評価が低いようですが、私はすごく好きな映画でした。映像がきれいで、出演者も適役だと思いました。大好きな俳優さんが出演されていたので楽しみにしていたのですが、ほんの少ししか出番がなく残念でしたが、蜷川実花監督の次回作に主演されているのでそちらをまた鑑賞しようと楽しみです。けれど、藤原竜也さんの迫力、「最狂」という言葉がぴったりだと思いました。彼の魅力に今更ながら魅了され、夢中で観てしまいました。物語の終わり方も満足でした。美しい映画でした。

Diner ダイナーの配信情報

Diner ダイナーのレンタル情報

ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV U-NEXT Rakuten TV

藤原竜也出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス