鋼の錬金術師の解説

荒川弘の大ヒットコミックを、『暗殺教室』シリーズなどの山田涼介主演、『ピンポン』などの曽利文彦監督で実写映画化。亡き母をよみがえらせようと“人体錬成”という錬金術におけるタブーを犯したことから体の一部を失い、やがて錬金術師となった主人公が弟と一緒に失ったものを取り戻す旅を繰り広げる。共演は、『アオハライド』などの本田翼や、ディーン・フジオカ、松雪泰子ら。イタリアでの大掛かりなロケや、曽利監督によるビジュアルに期待。

鋼の錬金術師の基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

2017年12月1日 133分 ワーナー・ブラザース映画 日本

鋼の錬金術師のレビュー・評価

うんと… ( ´͈ ᵕ `͈ )フフ意外とすきかも
原作の大ファンなので、冊子を人質に取られているので映画館に行きました。エドとはぜんぜん違うけど、山田くんが頑張ってエドになろうとしているのはよくわかって感動したので1.5。アルがCGになる分、原作通りエドアルの2人旅じゃあ画面が持たなくなるのはわかる。でもウィンリィついてくんなー!翼ちゃんめっちゃ可愛いけど違うんじゃー!演技も下手なんじゃーって感じでした。映画化して欲しくなかったけどゼロ巻がもらえたり、展示会があったり、またハガレンを盛り上げてくれた点だけ感謝です。ハードルめっちゃくっちゃ低く行ったのでそこまで文句はないです笑
見所はCG映像とラスト役の松雪さんのみ。ストーリーは原作の名シーンを無理やり繋げたような印象でした。だったらもっとオリジナルのストーリーにした方が良かったのでは?エドが雑魚になってしまっていて、戦闘シーンはなぜかディーンフジオカメイン。本田翼ちゃんは可愛いけど、演技に難ありで集中出来ず。なにかと残念でした。

鋼の錬金術師の配信情報

鋼の錬金術師のレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット TSUTAYA TV

山田涼介出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス