3月のライオン 前編の解説

羽海野チカの人気コミックを、2部作で実写化したドラマの前編。家族を亡くして孤独に生きてきた17歳のプロ棋士が、ある3姉妹と心を通わせながら厳しい将棋の世界を突き進む。メガホンを取るのは、『るろうに剣心』シリーズなどの大友啓史。『るろうに剣心』シリーズにも出演した神木隆之介、『映画 ビリギャル』などの有村架純、『ヒミズ』などの染谷将太、テレビドラマ「カインとアベル」などの倉科カナらが出演。緊張感に満ちた対局シーンに目を奪われる。

3月のライオン 前編の基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

2017年3月18日 138分 東宝=アスミック・エース アメリカ

3月のライオン 前編のレビュー・評価

自分や家族との葛藤と支えてくれる周りの人達との対比がよく表れていて良かった将棋の事はあまり分からないが、将棋の世界が厳しいのは理解出来た
将棋映画の波が来ているのだろうか。一見地味に思える将棋盤に向き合っての勝負が、意外とスクリーン映えすることを作り手が再認識しているのかもしれない。松山ケンイチ主演の「聖の青春」が昨年11月に公開され、半年もたたないうちに本作。ただ、こちらは前後編二部作のため尺に比較的余裕があるという強みから、盤上のスリリングな勝負を割と丁寧に描いている。基本的な駒の動かし方を知っている程度の観客でも、差し手の妙味がなんとなくわかって楽しめるはず。対戦中に棋士たちの心の声を流す演出も、原作コミックを踏襲しているとはいえ効果的。中継を見ている人たちの解説も加わって、勝負の面白さを一般観客向けにわかりやすく伝えようとする工夫が感じられて嬉しい。ひなた役の清原果耶は、「あさが来た」の頃から急に成長した印象。出演作品が一気に増えそうな好演だった。
原作を見返してたら、Huluで映画が見れる事を知って鑑賞。原作の良さって色々あると思うんだけど、人の温かみというかキャラクターの個性的なところが原作者の魅力の一つであり、シリアスもありつつホッコリする場面がコミカルに描かれてるのが私は好きです。今作の映画ではひたすら原作のストーリーになぞっているだけで、私が3月のライオンが好きになった要素は残念ながらありませんでした。おそらくこの映画の雰囲気をそのまま漫画にしたら私は好きにはならないでしょうね。映画自体、配役は良くもあり微妙な人もいました。原作のイメージには近いと思います。予算の都合やもろもろあるとは思いますが、主人公の家と3姉妹の家をもっと原作に寄せてほしかったです。途中からもう早く終わらないかなぁとか思ってみてたので、後編は見なくてもいいかなと思いました。

3月のライオン 前編の配信情報

hulu netflix amazon prime video

3月のライオン 前編のレンタル情報

amazon prime video Rakuten TV

神木隆之介出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス