映画 暗殺教室の解説

「週刊少年ジャンプ」で連載され瞬く間に人気となった松井優征のコミックを、『海猿』シリーズなど羽住英一郎が映画化したアクションコメディー。地球の破壊を表明している正体不明の生物・通称“殺せんせー”と、殺せんせーを暗殺することになった生徒たちが壮絶なバトルを繰り広げる。出演は、「金田一少年の事件簿」シリーズなどの山田涼介や『RETURN(ハードバージョン)』などの椎名桔平、『共喰い』などの菅田将暉ら。

映画 暗殺教室の基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

2015年3月21日 110分 東宝 日本

映画 暗殺教室のレビュー・評価

殺せんせーの再現度ふつーに凄いニノの声もめちゃくちゃハマってたしでもそれ以外が酷すぎる他の人のの格好なんてただのコスプレ大会だし大根演技の人も多すぎ特に山田涼介を主演にしたのが違うかった気がするあちらさんはジャニーズでくっつけたかったのかも知れないけど演技も下手だったし、元のキャラの全然合ってなかった
話題になっていた作品ではあったが、当時そこまで興味を持っていなかったこともあり、まだ見れていなかった作品。今回たまたま放送されていたため見てみることに。正直な感想としては、世界観に入り込めなかったというところ。どうしても殺せない生命体をなんとか策を練って倒そうとするという設定自体は良いが、そもそもの殺せんせーの設定自体が少し子どもじみていたのが入り込めなかった一因かもしれない。(月を破壊した、今度は地球を狙うなど)話の展開もぶつ切りでのものが多く、あまり重要性を感じない話も多く勿体無かったという印象。それでも、次第に殺せんせーとの間に芽生える生徒と先生の絆のようなものを描いていたところは素直に良かったと思う。ただ、冒頭でも記載した通り、世界観にあまり入り込めなかったこともあり星は3つ。

映画 暗殺教室の配信情報

映画 暗殺教室のレンタル情報

山田涼介出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス