セトウツミの解説

関西の男子高校生2人が放課後に何となく会話するだけという異色さで話題の、此元和津也による人気漫画を実写映画化。タイトルは瀬戸と内海という主人公2人の名前を組み合わせたもので、彼らが交わす嘲笑的でユーモアを織り交ぜた掛け合いが展開していく。クールな内海役には『海を感じる時』などの池松壮亮、天然キャラの瀬戸役に『共喰い』などの菅田将暉。監督は『まほろ駅前多田便利軒』などの大森立嗣が務める。

セトウツミの基本情報

公開日

配給

制作国

2016年7月2日 ブロードメディア・スタジオ 日本

セトウツミのレビュー・評価

内海のようなインテリないじりをされてみたいけど自分の周りには瀬戸みたいな人しかいない。場面の代わり映えもあまりなく、ただ駄弁るだけなんだけど面白くて飽きさせない。会話の内容とテンポにすごく惹きつけられる。
何気ないどうしようもない高校生の会話だけど、この趣は捨てがたい。高校生なのに、すでに大人びている不思議な二人。いい味だねえ。ドラマも面白かったけど、本編もよかった。
菅田将暉も池松壮亮も演技は上手いけど漫画の世界観はどうやっても描けない。漫画では内海はどこか闇を抱えつつも瀬戸に対してそれを闇として見せずしかし表情は常に淡々として描かれているが映画では陰のベース感が強くこの漫画の特徴であるワードセンスがセリフとしか入ってこない、かと思えば陽の部分が急に強くなったり…菅田将暉演じる瀬戸もセリフによってテンション高すぎてこれからオモロイこと言いますよ感がちょいちょい出過ぎてたあと内海はローファーでなくスニーカーを履くタイプなのでそこも違和感かな

セトウツミの配信情報

netflix amazon prime video

セトウツミのレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV Rakuten TV

池松壮亮出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス