サンブンノイチの解説

人気芸人・品川祐が品川ヒロシ名義で監督を務めた『ドロップ』『漫才ギャング』に続く第3作。映画化もされた「悪夢のエレベーター」の原作者・木下半太の小説を基に、人生における大逆転を狙う小悪党3人が銀行強盗で奪った大金の分け前をめぐり、壮絶な争いを繰り広げるさまを描く。内輪もめを始めてしまう男たちには、藤原竜也をはじめ、元KAT-TUNの田中聖、ブラックマヨネーズの小杉竜一。さらに彼らが強奪した金を狙う者たちに、中島美嘉、窪塚洋介、池畑慎之介がふんする。

サンブンノイチの基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

年齢制限

2014年4月1日 120分 KADOKAWA、吉本興業 日本 PG-12

サンブンノイチのレビュー・評価

kawasaki deep townはい、私の地元でございます 笑南町には極◯事務所がありんす堀之内にはソープ街がありんすそんな川崎のDEEPなお話でありんした
品川監督とは知らずに窪塚洋介と藤原竜也目当てで鑑賞。途中あれれ?何か滑ってるのか?言い回しがクドイのか?と思い監督誰?と、こちらのレビューを見たところ品川監督!前作は面白かった記憶があるが今回はドヤ!!!感が半端ない。これは途中でレビューを読んではいけないとそっと閉じて…窪塚洋介と藤原竜也のおかげで最後まで観れた(笑)が、しかしーーー!エンディングの曲でこのアーティスト誰!かっこよすぎる!!!!と即ググる。ええ、もうこのアーティストに出逢えただけでこの作品を見て良かったと思えた。聴いてるだけでこんなに気持ち良くなれる音はどれくらいぶりだろうか。勿論、窪塚洋介の演技は最高♡
最初の方から「こいつら嘘つきですよー」「全員なんか企んでますよー」という品川監督の思念が聞こえすぎて、ああなんかユージュアル・サスぺクツみたいなのをやりたいのかなと思って見てしまうので、そうするとオチが弱いと感じてしまう。ここまでやったんなら最後まで驚かせろよというのが正直な感想。とりあえず藤原竜也と窪塚洋介がいなかったら終わってた映画だと思う。二人とも次は何をするのか、どう出るのかが読めないキャラがハマってて存在感が際立ってた。小杉は小杉でしかないし、相方の吉田が常々言ってたように観客は演技よりヤバめの毛髪が気になってしまうから役者に向いてない。中島美嘉は唯一、心の声が観てる側にも聞こえるポジションの役だけど、そのせいで次第に興味が薄れ、話の中心からもどんどん外れていくように思えて、それを無理やりまた注目させる為にどうでもいいシーンが入ってくるので彼女の存在に飽きてしまう。こういう作りの映画は性質上何度でも観られるというわけではないので、最後までテンポよく行ってほしかったけど途中からダレてしまった。あと音楽については、→Pia-no-jaC←をyoutubeで監督に紹介したという映画スタッフGJで星四つ。

サンブンノイチの配信情報

netflix

サンブンノイチのレンタル情報

藤原竜也出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス