ALWAYS 三丁目の夕日の解説

昭和33年の古きよき日本を舞台に、家族の触れ合いを描いた心温まる人情ドラマ。下町の住民たちには、吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子ら豪華メンバーが集まり、昭和の雰囲気を存分にかもし出している。『Returner リターナー』などVFXを使用した作品の多い山崎貴監督が、本物に引けを取らないほど美しい夕焼けを作り出すことに成功した。ほかにも建設途中の東京タワーなど、当時の日本が忠実に再現されている。

ALWAYS 三丁目の夕日の基本情報

公開日

配給

制作国

2005年11月5日 東宝 日本

ALWAYS 三丁目の夕日のレビュー・評価

15年ぶりにみたわあしは何でも忘れてしまうほうだけれど印象に残っている映画だった
 美術がすばらしかったのだけど、本当に力道山で興奮している感じがしないし、公園で遊んでいる子供らも振り付けで遊んでいる感じを出しているだけみたいな、上っ面感がある。 小雪が借金取りに売られて風俗嬢になるかと思ったら踊り子。そんなので済むか。おでん屋を経営していた方がよっぽど稼げる。 吉岡秀隆と子どもが里親展開で、おっ、と思うが取って付けたようだった。もうちょっと心に深く差し込むような表現が見たい。

ALWAYS 三丁目の夕日の配信情報

hulu

ALWAYS 三丁目の夕日のレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット TSUTAYA TV Rakuten TV

吉岡秀隆出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス