容疑者Xの献身の解説

テレビドラマ化されるや大人気を博したミステリー作家・東野圭吾の「探偵ガリレオ」シリーズ初の長編で、第134回直木賞に輝いた同名小説を映画化。主人公のガリレオこと湯川を演じた福山雅治、彼とコンビを組む新人刑事役の柴咲コウをはじめ、テレビドラマ版のスタッフ・キャストが集結。湯川と壮絶な頭脳戦を繰り広げる天才数学者に『クライマーズ・ハイ』の堤真一、物語の鍵を握る容疑者役を『フラガール』の松雪泰子が演じ、一筋縄ではいかないドラマを盛り上げる。

容疑者Xの献身の基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

2008年10月4日 128分 東宝 日本

容疑者Xの献身のレビュー・評価

テレビシリーズの「ガリレオ」は観たことがないので予備知識無しで観た。この作品は堤真一に尽きると思う。見事な演技だし実際彼が主役だろう。ストーリーも面白かったしトリックには驚かされた。しかし、切ない動機だとは思うが感動はしなかった。どこか心に引っかかったからだ。隣人の母娘を救う為とはいえ彼は当事者でもないホームレスを殺している。なるほど数学者だから冷徹に必要なモノとしてホームレスを計算に入れたのだろう。しかし、それを実行できてしまうことに彼にサイコパス的なものを感じざるを得なかった。彼の意思の強さとも言えるのかも知れない。だが同情はできなかったな。
こんなに切ない殺人はそうそうだろう。もちろん殺人を美化してはならないわけですが。完璧なはずの方程式だったはずなのに非論理的な形の象徴である愛によって覆されてしまう。生きる意味を失ってた石神に生きる希望を与えた花岡母娘ほんのささいなきっかけで人の人生は変わってしまう。人生とはそんなものなのかもしれない。それはいい意味であり、悪い意味でもある。堤真一がこの役を演じてくれて本当によかったと思えた。石神の、彼なりの純愛を見事に表現してくれたと思う。

容疑者Xの献身の配信情報

amazon prime video

容疑者Xの献身のレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV Rakuten TV

福山雅治出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス