未来のミライの解説

『サマーウォーズ』『バケモノの子』などの細田守が監督を務めたアニメーション。小さな妹への両親の愛情に戸惑う男の子と、未来からやってきた妹との不思議な体験をつづる。企画・制作は、細田監督らが設立したアニメーションスタジオ「スタジオ地図」が担当し、細田監督作に携わってきたスタッフが集結している。声の出演は、上白石萌歌、黒木華、星野源、役所広司ら。

未来のミライの基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

公式サイト
2018年7月20日 98分 東宝 日本 http://mirai-no-mirai.jp/

未来のミライのレビュー・評価

声が大人の声でまず違和感があり内容があまり理解できなかった。ただ未来の東京駅?の描写は好きだった。
宣伝から受けるイメージはダイナミックなアニメ映画だが、実際には非常にミニマムな世界を描いた作品だ。そのせいで肩透かしを食らう人もいるのかもしれない。4歳の男の子が初めて覚える嫉妬を乗り越え、お兄ちゃんの自覚を持つ。この映画はそれだけのことを描いている。大人からみれば、たんにワガママが収まっただけなのだが、4歳の男の子にとっては親の愛が全て新しく来た新参者(赤ちゃん)に奪われるというのは、大事件だ。描かれるのは4歳の子どもの空想世界の大冒険だ。それにしても細田監督は血縁のつながりに強いこだわりを持っているように思える。主人公のくんちゃんが知らないはずの、お父さんやお母さんの過去に行けるのはなぜなのか。空想の産物ならくんちゃんの好きなものとかが普通だろうと思うが、時空を超えた血縁の不思議な力を細田監督は感じているのだろうか。このあたりの家族に対する考え方は、万引き家族の是枝監督とは対照的だ。

未来のミライの配信情報

未来のミライのレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV Rakuten TV

上白石萌歌出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス