苦役列車の解説

貧しい肉体労働青年の青春を描いて第144回芥川賞を受賞した西村賢太の小説を、『マイ・バック・ページ』などの山下敦弘監督が映画化。1980年代後半を背景に、19歳の日雇い労働者で、酒におぼれる主人公を中心に、その友人、主人公があこがれる女性の青春模様を描く。主演を『モテキ』の森山未來が務め、ほかに『軽蔑』の高良健吾、AKB48の前田敦子が共演。独特の世界観を持つ原作に挑戦するさまざまなジャンルの作品を手掛ける山下監督と、旬の俳優たちによるコラボレーションから目が離せない。

苦役列車の基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

年齢制限

2012年7月14日 114分 東映 日本 R-15

苦役列車のレビュー・評価

群像劇、コメディ普通じゃない状況での演技ってほんとまぁ生田斗真うまい〜ダサい男なのに、かっこよかった〜
メッセージが理解不能。ひたすら暗いし、コミュニケーション能力のない登場人物ばかり。原作通りだとすれば、改めて芥川賞作品というものがぼくには合わないということになるが。

苦役列車の配信情報

netflix amazon prime video

苦役列車のレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV Rakuten TV

森山未來出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス