万引き家族の解説

『誰も知らない』『そして父になる』などの是枝裕和監督による人間ドラマ。親の年金を不正に受給していた家族が逮捕された事件に着想を得たという物語が展開する。キャストには是枝監督と何度も組んできたリリー・フランキー、樹木希林をはじめ、『百円の恋』などの安藤サクラ、『勝手にふるえてろ』などの松岡茉優、オーディションで選出された子役の城桧吏、佐々木みゆらが名を連ねる。

万引き家族の基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

年齢制限

公式サイト
2018年6月8日 120分 ギャガ 日本 PG-12 http://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/

万引き家族のレビュー・評価

安藤さくらってすごい家族のカタチ是枝監督は、ドキュメンタリー作家だったんだって。なるほどの深堀。家族のカタチがテーマでずっといろんな尺度から問いかけ続けていて、作品を作るたびに一つずつ答えにたどり着いてる感じがあって、あぁこの人の人生はなんと豊かなことかと思うよね。
家族とは何か、という問いはあまりにも多くなされているものだが、是枝監督の描く家族は常にその存在に揺らぎがある。家族であるかどうかギリギリの線を常についてくるというか。それによって家族とは何かという輪郭を浮かび上がらせる。家族であることが自明ではない共同体が、家族としてもし機能するなら、それにはどんなことが必要なのか。『誰も知らない』の母親は子ども達を見捨てたが、なおも彼らは家族であるのか。『そして父になる』は育てた子どもが実は血のつながらない他人だった、それは家族であるのか。あるいは『ディスタンス』で浅野忠信が演じた元新興宗教団体の信者は、教祖はお父さんみたいな人だったと言う。家族と単なる共同体の違いはなんだろうか。経済的困窮という理由で一緒に暮らす本作の家族は、ふとしたきっかけでバラバラにされてしまう。彼らは家族だったのか、ただの共同体だったのか。問いに答えはなく、監督は見つめるのに。安易に答えを出せないことが監督の誠実さの現れだ。

万引き家族の配信情報

amazon prime video

万引き家族のレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV U-NEXT Rakuten TV

リリー・フランキー出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス