デスノート Light up the NEW worldの解説

東出昌大、池松壮亮、菅田将暉が共演し、大ヒット作『DEATH NOTE デスノート』シリーズの10年後の世界に迫る続編。夜神月とLの死から10年後の情報社会を舞台に、捜査官と探偵、サイバーテロリストによる争いを最新のVFX技術を駆使して映し出す。監督を務めるのは、『GANTZ』『図書館戦争』シリーズなどの佐藤信介。前シリーズの遺伝子を受け継ぎつつさらに進化した、デスノートをめぐるバトルが楽しめる。

デスノート Light up the NEW worldの基本情報

公開日

配給

制作国

2016年10月29日 ワーナー・ブラザース映画 日本

デスノート Light up the NEW worldのレビュー・評価

あの、デスノートの10年後の物語なんかごちゃごちゃしててわかりにくかった💦やっぱり藤原竜也と松山ケンイチがいいな。
 世間的に酷評されてるほど悪くなかったなかなと。東出昌大さん、池松壮亮さん、菅田将暉さんという若手実力派たちの共演が見ごたえありました。脇の俳優さんたちもしっかりした人たちを揃えていたので、前編やLのスピンオフ作品みたいな安っぽさはなく安心して見れました。 ストーリーも、前作のように脳みそが汗かくぐらいの頭脳戦だった前作の続編と考えるとイマイチだったけど、サスペンス作品としてはデスノートのルールをうまく使いながら、なかなかまとまってた作品だったと思います。竜崎と紫苑がコンタクトするシーンは緊迫感あったし、最後アーマが七瀬の名前をノートに書くシーンはじーんときました。このアーマの存在感は特にスゴかったです。死神だからビジュアルは怖めだけど、声をあてた沢城みゆきさんのおかげで、妖艶なキャラに見えました。この方の声のスキルはすごい! まあ、気になることがはないわけじゃないけど。。前の作品との矛盾が。。キラが自分の遺伝子を残してた?そんな時間あったか?竜崎がLと約束した?そんな時間あったか? 竜崎のキャラクター設定も、背景のないキャラクターとしては、いい感じだけど、Lの後継者としてはコレジャナイ感が。。冒頭に外国人の描写があったけど、以降ほぼ日本国内でストーリーが展開、もはやあの冒頭はいらなかったんじゃないかな。 不満点はいくつもあったけど、まあまあ楽しめました!
ストーリーの無理矢理感が否めず…デスノートの奪い合いに焦点を当て、頭脳ゲームを繰り広げる展開なら良かったかな?前作で二度、死神の目の取引をしたミサが生きてる違和感、しかも今回も取引している…元々のミサの寿命って幾つだったのか?

デスノート Light up the NEW worldの配信情報

hulu

デスノート Light up the NEW worldのレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット TSUTAYA TV Rakuten TV

東出昌大出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス