ジェネラル・ルージュの凱旋の解説

現役医師・海堂尊の大ベストセラーを竹内結子と阿部寛の主演で映画化した、医療ミステリー『チーム・バチスタの栄光』の続編。ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)の異名を持つ切れ者の救命救急センター長にかけられた疑惑をめぐり、再び田口と白鳥が事件解明に挑む。事件の鍵を握る速水役には、話題の映画やドラマへの出演が相次ぐ堺雅人。前作に続き中村義洋が監督を務め、複雑な人間関係が絡み合うドラマを前作以上のスケールで描き出している。

ジェネラル・ルージュの凱旋の基本情報

公開日

配給

制作国

2009年3月7日 東宝 日本

ジェネラル・ルージュの凱旋のレビュー・評価

クライマックスの大量の怪我人達をきっちり捌いていくシーンは圧巻でした!そして、ジェネラル・ルージュの意味もそういうことか…! と。しかし本作、堺雅人と阿部寛のキャラが存在感ありすぎて主人公の竹内結子の影が薄いですね…(^_^;) 最後は希望の見えるラストとコミカルなオチまでついて(笑) 後味の良い終わりで良かったです。竹内結子&阿部寛のバチスタシリーズは2作で終わってるようなので、続きはドラマキャストにシフトして視聴していく予定です。
不定愁訴外来の田口のもとに一通の告発文が届く。その手紙は救急救命センター長が収賄をしていると言う内容で…。東宝映画版2作目。毎年観てるほどに好きなシリーズ。1作目に比べ内容自体は地味だが役者同士の嫌味な演技合戦と救急救命の苦悩について学べる。

ジェネラル・ルージュの凱旋の配信情報

ジェネラル・ルージュの凱旋のレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット TSUTAYA TV Rakuten TV

竹内結子出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス