テルマエ・ロマエの解説

古代ローマ帝国の浴場設計技師が現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう、ヤマザキマリの人気コミックを実写映画化。監督は、『のだめカンタービレ 最終楽章』シリーズの武内英樹、脚本を『クローズZERO』シリーズの武藤将吾が手掛ける。古代ローマと現代日本、時空を越えて異文化交流を繰り広げる主人公ルシウスを、阿部寛が妙演。漫画家志望のヒロインに上戸彩がふんするほか、古代ローマ人役の北村一輝、宍戸開、市村正親という日本屈指の顔の濃い役者陣の成り切りぶりにも注目。

テルマエ・ロマエの基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

2012年4月28日 108分 東宝 日本

テルマエ・ロマエのレビュー・評価

お風呂にめちゃくちゃ入りたくなる映画。上戸彩が可愛いし、若干胸を強調しすぎちゃうかと思った。撮り方かな?おじいちゃんらの演技もいい!古き良き日本を感じさせる!
この作品の大成功から「テルマエ・ロマエⅡ」 そして、「翔んで埼玉」でもまさかの大ヒット。高いハードルを軽々と乗り越えた監督の手腕に脱帽である。どの作品もとても面白い。<各作品のパンフレットを購入された方はご存じだろうが、この三作のパンフレットのデザインがほぼ同じトーンであるというのもニッチな喜びであった。><2012年4月30日 劇場にて鑑賞>

テルマエ・ロマエの配信情報

テルマエ・ロマエのレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV Rakuten TV

阿部寛出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス