累 かさねの解説

『トリガール!』などの土屋太鳳と『心が叫びたがってるんだ。』などの芳根京子が主演を果たし、松浦だるまの人気漫画を実写映画化。キスした相手と顔が入れ替わってしまう口紅と出会った女性たちの喜怒哀楽を鮮やかに描く。『ストロベリーナイト』シリーズなどの佐藤祐市が監督を務め、『GANTZ:O』などの黒岩勉が脚本を担当している。

累 かさねの基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

公式サイト
2018年9月7日 112分 東宝 日本 http://kasane-movie.jp/

累 かさねのレビュー・評価

お話の設定もすごく好きだけど何より女優さんの切り替えがすごい。最後の舞台のシーンのたおちゃんはただただ美しいしかなかったそれに負けないようにたおちゃんの演技を崩さないように間間に入ってくる累もたまらなかった
そもそもなぜ2人とも綺麗なのか。なぜ土屋太鳳をキャスティングしてしまったのか。土屋太鳳をキャスティングしたのは本当にミス。現代舞踊が出来るということで選んだのかもしれないが、演技が似合わなすぎる。"演技の演技"すぎて累ではない。ニナがただ演じているだけのようだった。芳根京子がニナであった方がしっくりくる。脇役を豪華キャストで固めても主役が薄すぎて『漫画を実写化』出来ていなかった。
口紅を塗ってキスをするとその相手の顔と入れ替えることが出来るなんて面白いけど自分がされたら怖い。ただあの口紅毎日使うので減っていきますよね。なので物語が進むにつれて口紅の残量がやたら気になる作品でもありました。何本か持ってたのかしら?芳根京子さんと土屋太鳳さんの演技が良かったです。特に土屋さんは鬼気迫る感じで見入ってしまった。ラストのダンスもとても良かったし、ドロドロしてましたが面白かったです。

累 かさねの配信情報

累 かさねのレンタル情報

土屋太鳳出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス