家族はつらいよ2の解説

ワケありクセあり一家の悲喜こもごもを描いたコメディードラマの続編。離婚危機を乗り越えた平田家の面々が、父親の同級生が来訪したのを機に新たな騒動を巻き起こす。監督の山田洋次、 脚本の平松恵美子、キャストの橋爪功、吉行和子、西村雅彦、妻夫木聡、蒼井優ら前作のスタッフ・キャスト陣が再結集する。無縁社会というテーマを掲げ、山田監督が独自の視点で描く家族物語に引き込まれる。

家族はつらいよ2の基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

2017年5月27日 113分 松竹 日本

家族はつらいよ2のレビュー・評価

うーん、アマンダじゃ無かったらただの損だったなぁ。タイムと、手紙のやつ(曖昧笑)アマンダが好きで好きでたまらんのだけど今回のは特に是が非でもって感じでもなかったなぁ。。アマンダは当たり外れすごい。笑なんか昔誘拐された事がある、それが虚言かもしれんなぁって話でずーっと進んでいく。展開は読めるし、内容もありきたりでなんか抑揚がない感じがしてしまった。。。サイコパス覚醒おいおい、それ平気でやっちゃうの展開は退屈アマンダハズレシリーズのひとつ
「男はつらいよ」のような人情喜劇を、「東京家族」のキャストで。そんな着想で始まったシリーズだが、山田洋次監督の映画はルーティンでもなければセルフパロディでもない。第2作で最も驚かされるのは、ある登場人物の死を描き、そこから生じる動揺や混乱をあの手この手で笑いに転化する試みだ。死から笑いへ、このギャップこそが意表を突く大爆笑の鍵になると踏んだのだろうし、それが見事に成功している。高齢者をめぐる時事的な問題を取り込む手並みも確かだ。判断力の低下による危険運転、身よりのない独居老人、無縁仏……。テレビや新聞ならネガティブな文脈で取り上げられる話題も、「家族はつらいよ2」に出てきた途端、しっかりと笑いに転がっていくから痛快だ。もちろん、単に面白おかしく描くだけではない。そうした表層の奥にある日本社会の根深い問題を見つめ、為政者の怠慢や無策に抗議する姿勢があるからこそ、笑いにキレがあるのだ。

家族はつらいよ2の配信情報

家族はつらいよ2のレンタル情報

amazon prime video ビデオマーケット TSUTAYA TV

橋爪功出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス