進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールドの解説

諫山創のコミックを基に人間を食う大型巨人と人類のバトルを圧倒的迫力で描いたアクションの後編。対巨人のために結成された調査兵団の一員となった主人公エレンの絶体絶命の戦いや、突如現れた黒髪の巨人の謎などが活写される。『巨神兵東京に現わる』などの樋口真嗣がメガホンを取り、三浦春馬や長谷川博己、水原希子、本郷奏多らが出演。インパクト抜群の巨人のビジュアルやハードな戦闘シーンのほか、オリジナルのキャラクターと設定が後半の物語に及ぼす影響や物語の行方も見どころ。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールドの基本情報

公開日

上映時間

配給

制作国

年齢制限

2015年9月19日 98分 東宝 日本 PG-12

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールドのレビュー・評価

この手の巨大系は引きで見せるしかない。アップにするとどうしても作り物感が感じられてしまう。そこがわからずに迫力感を出そうとそしてアップにして失敗する映画が多い。アニメの実写化の限界を感じさせる映画です。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールドの紹介記事

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールドの配信情報

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールドのレンタル情報

三浦春馬出演のおすすめ映画

公開年別映画

動画配信サービス