山本舞香出演映画おすすめ10選!

若手俳優の登竜門と言われているJR東日本の「JR SKISKI」キャンペーンのイメージキャラクターに2015年に起用された女優、山本舞香。彼女が出演しているおすすめ映画5選をご紹介します。

2020/03/04 2020/03/27
10

Zアイランド

3.1
Zアイランド
公開日 2015年5月16日
上映時間 109分
配給 KADOKAWA、吉本興業
制作国 日本
年齢制限 PG-12
メインキャスト 哀川翔 , 鈴木砂羽 , 鶴見辰吾 , 木村祐一
定額見放題
レンタル

Zアイランドのあらすじ

芸能生活30周年を迎えた哀川翔を主演に迎え、『サンブンノイチ』などの品川ヒロシが監督を務めたアクション。組同士の抗争に敗れた主人公が10年の歳月を経て、とある島でかつてのライバルたちと再び対峙(たいじ)し、想定外のバトルを展開する姿を活写する。哀川演じる元組長の弟分を鶴見辰吾が演じ、その元妻を鈴木砂羽が好演。本気度満点のアクションはもとより、笑いに涙に家族ドラマ満載の内容に圧倒される。

Zアイランドの口コミ・評判

EDが感動。が、全体的に子供向けの作品なのかなー。公開当時小学生だったからどハマりしてたけど。
2014年に芸能生活30年を迎えた哀川翔の記念作との売りで製作されたが、個人的には和製ゾンビ映画として注目。でも、監督は品川ヒロシ。何だ、アイツかよ…と思うのは、ちょっとだけ待って。いつぞやの『アメトーーク!』でやっていたが、品川は“ゾンビ芸人”。ゾンビの描写、メイクやグロはなかなか。芸人監督のチープで低クオリティーの作品にしては頑張っていたと思う。舞台は島。その島で謎の病気が蔓延し、島民が次々とゾンビに。噛まれた者もゾンビに。主人公絡みの登場人物たちも結構容赦なく死ぬ。難を逃れた島民やある理由から島を訪れた元ヤクザ、現ヤクザたちが、チャカや日本刀その他諸々を武器に決死のサバイバル。“ゾンビ芸人”なだけあって、ゾンビ映画のあるあるは踏まえている。単にゾンビ映画じゃなく、哀川のアニキの主演映画であり、品川の好みと思われるジャンルをてんこ盛り。開幕は完全にVシネマ。哀川組長に敵対組が急襲。小沢仁志も出演。島にて、家出した弟分のJK娘がチンピラ相手に喧嘩。趣味で作ったとしか思えないJKアクション。山本舞香が『SUNNY』よりも前にカッコいいアクションを披露して、これはこれでいい。(と言うか、ポイントプラス!)弟分と元妻と娘の家族の和解は感動要素。哀川組長と敵対組の決着、バイクに乗り、任侠映画さながら日本刀でゾンビをぶった切るなど、哀川のアニキの見せ場もたっぷり。これらはまあいいとして…今作もお笑い芸人が多数出演。ゾンビ第一号でワッショ~イ!の宮川大輔、“島”なので千鳥・大悟、ゾンビより質悪い野性爆弾くっきー…癖が強いんじゃ!笑いの要素は人によっては(品川の笑いが好きな方には)ウケるかもしれないが、そうでもない人には下らなくダダスベリでクドイ。ベラベラお喋りなやり取り、電話の件とか。小ネタは品川のドヤ顔がチラつく。それ以上にドヤ顔チラつくのが、豪華キャスト。大御所シンガーに至っては“愛情出演”。だけどこれは、品川の人脈か、哀川のアニキの人脈か。まあ、それなりには楽しめたかな。品川監督作としても『サンブンノイチ』の次くらい。それに、唯一日本だから出来る、“ヤクザ対ゾンビ”のこれまた異色ミックス!…いや、それとも、“哀川のアニキ対ゾンビ”!…かな。
期待せずに見たのが良かったのか、そこそこ楽しめました。任侠物にゾンビを絡めたB級な映画です。ただホラー映画としての怖さはなく、軽い任侠映画という感じです。吉本芸人が盛りだくさんですが、笑いだけにはしることはなく、映画を壊すことはなかったです。
9

東京喰種 トーキョーグール【S】

3
東京喰種 トーキョーグール【S】
公開日 2019年7月19日
上映時間 101分
配給 松竹
制作国 日本
年齢制限 R-15
公式サイト http://tokyoghoul.jp/
メインキャスト 窪田正孝 , 山本舞香 , 鈴木伸之 , 小笠原海
定額見放題
レンタル ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV U-NEXT

東京喰種 トーキョーグール【S】のあらすじ

ある出来事をきっかけに人間を食糧として捕食する種族・喰種(グール)とのハーフになってしまった大学生のカネキ(窪田正孝)は、喰種が集う喫茶店あんていくで働きながら店でアルバイトをするトーカ(山本舞香)らと生活を共にしていた。ある日、月山(松田翔太)という喰種があんていくを訪れ、特別な匂いがするというカネキに異常な執着を見せる。やがてカネキは、美食家(グルメ)と呼ばれる月山から、喰種レストランに招待される。

東京喰種 トーキョーグール【S】の口コミ・評判

え、どうした?ってほど見せ場がない。松田翔太の演技しか見所がない。なぜにこんなに格闘シーンないの??なんで本気出して(喰種になって)戦わないの??これ映画館で観たらビックリだよ。1はたくさん見どころあったのに。山本舞香さんも良かったのに戦うシーン少ないし短いし残念すぎ。
今作は、前作の勢いからトーンダウンしています。月山習(グルメ)とカネキのBLを織り交ぜながら、カネキとトーカがタッグを組んで月山習(グルメ)を倒すストーリー。今作で いよいよ石田スイ 版の漫画「寄生獣/岩明均」といった芳香を醸して来ました(原作は未読)。トーカ役に変更がありました。(前作)清水富美加→(今作)山本舞香。重要なセリフ芳村「君は調理された肉や魚を見て   かわいそうだと感じるかい?」カネキ「いえ    それは難しいですね」芳村「生きている姿を目にしなければ   命を口にする罪悪感はわかりにくい」芳村「多くの喰種は自らヒトに手をかけ   その度に 命と向き合わなければならない」今作は、喰種の“喰われる側”の側面にスポットを当てて来ているのでしょう。グルメの喰種を扱っておきなながら、人体を解体するシーン、人体を調理するシーンがないのは手落ちである(マイナス)。
オープニングの雰囲気は 実に良い何か? を 強烈に感じさせてくれる。しかし 雰囲気推しが強く 展開が緩慢で中弛みする感がある。 セリフは凝っていて哲学的なのだが それもどこか雰囲気推しで グールの悲しみにアプローチしきれていない たぶん 物語性とアクションの両方をバランス良く描きたかったのだろうが どっちも中途半端感になってしまったのではないだろうか? ウ~ンッ惜しい かなり可能性が高くポテンシャルを秘めた部分が多かったのに だけど 近年観た映画の中でBGMに関しては レベルが高かった。上映時間を もう少し長めにして脚本を練り直せば 屈指の映画になったのではないだろうか?
8

映画 暗殺教室

3.2
映画 暗殺教室
公開日 2015年3月21日
上映時間 110分
配給 東宝
制作国 日本
メインキャスト 山田涼介 , 菅田将暉 , 山本舞香 , 竹富聖花
定額見放題
レンタル

映画 暗殺教室のあらすじ

進学校の椚ヶ丘中学校で落ちこぼれクラスとされる3年E組に、ある日、タコの型をしたえたいの知れない生物が担任教師としてやって来る。謎の生物は翌年3月に地球を破壊すると宣言しており、その暗殺がE組の生徒たちに依頼され、暗殺の成功報酬として100億円が提示される。果たして、この“殺せんせー”こと謎の生物を、生徒たちは暗殺することができるのか……。

映画 暗殺教室の口コミ・評判

殺せんせーの再現度ふつーに凄いニノの声もめちゃくちゃハマってたしでもそれ以外が酷すぎる他の人のの格好なんてただのコスプレ大会だし大根演技の人も多すぎ特に山田涼介を主演にしたのが違うかった気がするあちらさんはジャニーズでくっつけたかったのかも知れないけど演技も下手だったし、元のキャラの全然合ってなかった
話題になっていた作品ではあったが、当時そこまで興味を持っていなかったこともあり、まだ見れていなかった作品。今回たまたま放送されていたため見てみることに。正直な感想としては、世界観に入り込めなかったというところ。どうしても殺せない生命体をなんとか策を練って倒そうとするという設定自体は良いが、そもそもの殺せんせーの設定自体が少し子どもじみていたのが入り込めなかった一因かもしれない。(月を破壊した、今度は地球を狙うなど)話の展開もぶつ切りでのものが多く、あまり重要性を感じない話も多く勿体無かったという印象。それでも、次第に殺せんせーとの間に芽生える生徒と先生の絆のようなものを描いていたところは素直に良かったと思う。ただ、冒頭でも記載した通り、世界観にあまり入り込めなかったこともあり星は3つ。
7

ひるなかの流星

3.4
ひるなかの流星
公開日 2017年3月24日
上映時間 119分
配給 東宝
制作国 日本
メインキャスト 永野芽郁 , 三浦翔平 , 白濱亜嵐 , 山本舞香
定額見放題 amazon prime video
レンタル amazon prime video ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV Rakuten TV

ひるなかの流星のあらすじ

田舎育ちの高校生・与謝野すずめ(永野芽郁)は、両親の転勤がきっかけで、東京の高校に転校する。面倒見のいいイケメン担任教師・獅子尾五月(三浦翔平)に、生まれて初めて恋心を抱く。獅子尾も彼女の真っすぐな性格に同じ思いを抱くが、自分の立場を考えるとなかなか素直になれなかった。一方、不愛想なクラスメートの馬村大輝(白濱亜嵐)は、すずめのことをうっとうしいと思うが、いつしか彼女に惹(ひ)かれていき……。

ひるなかの流星の口コミ・評判

原作大好きでもよかったと思ったチュンチュンはチュンチュンやし思いの外白濱亜嵐がよかた
永野芽郁ちゃんの真っ直ぐな演技がとても光っていて素敵です。"自分の気持ちをちゃんと伝える。それが相手を大切にすると言う事"と言うのはすごいわかる気がしました。三浦翔平さんは恋愛物語には欠かせないイケメンですし白濱亜嵐くんはなんだか新鮮でしたが、ぶっきらぼうなイケメン同級生を演じててすごい いい感じでした。個人的には好きです♡ただ、こんな幸せな恋愛生活高校生の時に自分なかったよなぁと少し悲しい気持ちになったので星4つ。
原作読了。永野芽郁ちゃん好きなのでちゅんちゅんは良かった!田舎っぽくてでもめっちゃ綺麗な子という感じ出てた!半分青いみたいな感じだった。同じすずめだしね!問題は馬村!キャスト見た時から違うと思っていてもっと草食系で線が細くて塩っぽい人がいいんじゃないかと…でも白濱くんの馬村も悪くなかった!ごつくてチャラい感じになっちゃうのかと思ってたけど、そんなこともなく思ったより悪くなかった!12巻分だけど話も違和感なくまとまっていて、かっこよくてかわいくてきゅんときて良いんじゃないかと思う。
6

未成年だけどコドモじゃない

3.3
未成年だけどコドモじゃない
公開日 2017年12月23日
上映時間 105分
配給 東宝
制作国 日本
公式サイト http://misekodo.jp/
メインキャスト 中島健人 , 平祐奈 , 知念侑李 , 山本舞香
定額見放題 netflix amazon prime video
レンタル amazon prime video Rakuten TV

未成年だけどコドモじゃないのあらすじ

水波風南の少女漫画を映像化した、高校生ながら結婚するモテ男とヒロイン、幼なじみによる三角関係を描くラブコメディー。勉強もスポーツもできる主人公を『心が叫びたがってるんだ。』などの中島健人、彼を振り向かせようと奮闘するヒロインを『ReLIFE リライフ』などの平祐奈、ヒロインに思いを寄せるライバルを『金メダル男』などの知念侑李が演じる。監督を務めるのは『ハンサム★スーツ』や『ヒロイン失格』などの英勉。

未成年だけどコドモじゃないの口コミ・評判

どうしてそんなに惹かれあってしまうのだろう、、不倫はダメね、幸せになれない
あくまで個人的な意見ですが、中島健人さん、斎藤工さんと兄弟か親子役やるといいかもと思いました。目から下が似てる!ストーリーには無理な展開もありましたが、フレッシュな、元気をもらえました。観てよかったです!
平祐奈目当てで見ましたが、相手役の俳優が薄っぺらい演技。周りの演技も、演出も最低の中で平祐奈だけが孤軍奮闘してる感じ。演出は、まったく共感できず、感情移入ができなくて観てて楽しめず、最後まで観るのが苦痛でした。ドラマとかでもSMAP以外のジャニーズ系は演技の質が低いね。ジャニーズが好きでも何でもない人にとっては、何でこんな俳優を起用したのか理解できないでしょう。母親へのトラウマがあったはずなのに平気で会話してたり、まったく影が感じられない演技で下手くそ。突如ダンスのシーンがあったりして「えっ?」と疑問に思えたり違和感だらけで演出も最悪。
5

劇場版 仮面ティーチャー

3.3
劇場版 仮面ティーチャー
メインキャスト 藤ヶ谷太輔 , 菊池風磨 , ジェシー , 塚田僚一
定額見放題 netflix amazon prime video
レンタル amazon prime video ビデオマーケット TSUTAYA TV

劇場版 仮面ティーチャーのあらすじ

Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔を主演に迎え、藤沢とおる原作の人気コミックをテレビドラマ化した「仮面ティーチャー」の劇場版。混乱する近未来の教育現場を舞台に、拳を使って問題児を更生させる特別教師の手を借りた学校更生プログラムの問題点をあぶり出す。おなじみのドラマ版キャストに加え、映画版では名バイプレーヤーの遠藤憲一が重要な役割を演じる。心で人と向き合おうとする仮面ティーチャーの奮闘に心揺さぶられる。

劇場版 仮面ティーチャーの口コミ・評判

ロバート・デ・ニーロを観たくて観始めたのにぜんっぜん出てきてくれないデニーロ氏!笑ロバート・デ・ニーロが走ってるシーン、まるで長方形の箱が走ってるみたいですごい面白かったのですがなんだろうあれは笑3つのエピソードのオムニバスになっていて、どれもかわいくてハチャメチャでイタリアンで好き。イタリア映画って心がほっこりする。ローマの情景も美しい。世界で1番ほっこりな街ローマ。
イケメンだし、でてる人は良いのだけれどストーリーが✖️。大政絢はとても美しい。昔は熱血教師だった遠藤憲一が闇堕ちしてヘルメットかぶって腐った奴らにヤキを入れまくる。教え子だった仮面ティーチャーとそれが正しい正しくないとか愛があるとかないとか。教師と生徒の絆、間違ってる間違ってないで殴りあう。後半残り20分くらいがとくにダメだった。
ドラマ版も見ていました。ドラマの時はリアルなアクションで良かったのですが、映画になってアクションもスケールアップしてしまい、ワイヤー使いすぎ。香港映画のようなアクションが残念な・・・ああいったアクションは香港映画だから許されるのであって・・・それにしても、金造のティーチャー、後ろ髪ですぐバレるって!
4

桜ノ雨

3.4
桜ノ雨
公開日 2016年3月5日
配給 AMGエンタテインメント
制作国 日本
メインキャスト 山本舞香 , 浅香航大 , 広田亮平 , 久松郁実
定額見放題
レンタル amazon prime video ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV U-NEXT

桜ノ雨のあらすじ

歌声合成技術・応用ソフトウェア「VOCALOID」とボーカルアンドロイド「初音ミク」を使用し、ニコニコ動画で発表された楽曲をメディアミックス企画として実写化した青春ドラマ。VOCALOIDのキャラクターが高校生として登場する小説版を基に、合唱部を舞台にした学園生活が四季を通して描かれる。原案などは、「桜ノ雨」を手掛けたhalyosy。『リュウグウノツカイ』などのウエダアツシが監督を務め、山本舞香、浅香航大らが出演。卒業ソングとして支持を得た楽曲を基にした原作が、どのように実写化されるのか期待。

桜ノ雨の口コミ・評判

戦隊好きの友達と。自分はジオウ目当てでリュウソウはTVで一話も見た事無かったけど、最終決戦で皆んな並んで出てくるシーンはめちゃアツ。ガイゾーグもカッコ良い。カナロのキャラは大体わかった。
浅香航大と山本舞香はよかったが、ストーリーの意味がわからなすぎた。3年生が部員全員で花火大会見ようって強制したり、金魚と金魚のフンが嫌だった
というだけで作品としては見るものなし.コンクールの歌を歌い始めてから曲を変更するという展開の無理さを押し切った制作者の青春ぶりに脱帽する.沼津の随所がロケ地に使われ,愛鷹山の桜トンネル,西浦の海岸,駅前の商店街などが出てきて,いい町と感じる.
3

ギャングース

3.4
ギャングース
公開日 2018年11月23日
上映時間 120分
配給 キノフィルムズ
制作国 日本
年齢制限 R-15
公式サイト http://gangoose-movie.jp/
メインキャスト 高杉真宙 , 加藤諒 , 渡辺大知 , 林遣都
定額見放題 netflix
レンタル ビデオマーケット

ギャングースのあらすじ

ルポライターの鈴木大介による取材を基に、裏社会の実態を描いた肥谷圭介の漫画を実写映画化。少年院で出会った3人の少年が、裏社会でもがく姿を捉える。社会に見放された若者たちに、『逆光の頃』などの高杉真宙、バラエティー番組でも活躍している加藤諒、『勝手にふるえてろ』などの渡辺大知がふんする。『SR サイタマノラッパー』シリーズなどの入江悠がメガホンを取った。

ギャングースの口コミ・評判

こちらもNetflixオリジナル作品、リリーコリンズ主演、キアヌリーブスも出演している映画拒食症の主人公エレン(リリーコリンズ)の両親は離婚し、現在は継母と暮らしている、通院しても体重が減る一方のエレンを心配した継母は名医と呼ばれるベッカム医師(キアヌ リーブス)の診察を受けるように勧めるそして、ベッカム医師に連れて行かれた「門出の家」という施設に入る事に、そこはエレンと同じ拒食症の若い患者が生活している施設だった、しかしエレンの病状は回復する事無く、体重は減っていくばかりこのままだと、死んでしまうとベッカム医師に宣告されるエレン、果たして病気を克服する事が出来るのか…拒食症患者のリアルな実情を描いた作品で、主人公のエレンを演じたリリーコリンズの痩せ細った身体もリアリティがあり驚くほどでした主人公が拒食症に陥った発端が明確では無い、家族関係が複雑なのはよくわかるのですが、そこがモヤッとした部分だったかな精神の病、自分ではコントロール出来なくなっている、何かきっかけがあれば克服出来るのか?中々、難しいテーマを扱った作品で見応えありな映画でしたラストは少し明るい兆しが見えて来た様な終わり方で少し安心したかな
入江監督が好きなので見た。特にサイタマノラッパーシリーズが好きで、入江監督の作品はよく見ている。ダメ男が主人公なので世間的にはあまりうけないと思うけど、サイタマノラッパーみたいな映画を撮っていただきたいといつも思っている。朝ドラの主演やっていた安藤サクラさんも初めて見たのはサイタマノラッパー2で、あれがブレイクのきっかけとは言わないまでも、何かしら売れ始めるきっかけにはなったと思う。この映画の主人公カズキも年齢的にきついけど、サイタマノラッパー駒木根さんにしてもらいたいと思っていた。今回は原作物だけど、入江監督が得意な現代のダメ若者グループの話なので期待していたけどやや不発だった。できればもう少しお笑いの要素を入れてもらいたかったような気がした。原作は犯罪の手口やテクニックみたいなものが強調されていて、全て実在するらしいけど、映画では触れていなかったのが残念。テーマ的には現代日本の子供の貧困とその子供の将来みたいなものがテーマでいいと思うけど、内容的には普通のギャング映画になってしまっている。出演者はだいたいイメージに合っているけど、元AKBの篠田麻里子さんはサービスで出ている感じで正直いらないと思った。この映画は振り込め詐欺などの犯罪者のお金を盗むタタキ屋という裏稼業の人話なんだけど、映画見てる分には主人公達が別に悪いことしているとは思えない。いろいろなことで追い詰められて生きるためにしかたなくやっているようだし、振り込め詐欺等で悪いことしているやつらをやっつける正義の味方的な感じもする。悪人なんだろうけど、比較的いい方の悪人かもしれない。この映画では敵役になっているけど、振り込め詐欺やっている方もそんなに悪くないかもしれない。貧困家庭に生まれてろくに教育も受けられず、親の援助もなく、世間では搾取されひどい目に遭ってきた人がやっているなら、見方が多少変わってくる。被害者の方には受け入れられないと思うし犯罪なんだけど、やってる方の理屈としては、お金のない人からとっているわけではなく、持っている人から出せる分をとっているのだし、貧困家庭ではなく、もしその家に生まれていればもらえたお金なんだからそんなに悪くないということなんだと思う。今まで貧困でひどい目にあってきたなら、むしろ正義ぐらいに思っているかもしれない。生まれた環境なんて関係ない、全て自己責任というのが世間の建前だけど、現実は厳しい。ラストはとってつけたようにそんな感じでまとめていたけど、中途半端なギャング映画にしないで、最初からそのことを中心でやっていればもっと面白くなったと思う。
こいつらのやって来たことは酷いことが多かったけれど、育った環境って大事なんだなって。私なんかは決して裕福な生まれではなかったけれど、それなりに愛情をもらって生きてきたんだな、きっと。こいつらは生まれた時からスタートする場所が違っていて、もがいてももがいてもなかなか水面に辿りつけなくて、何度も溺れそうになりながら、それでも生きてきたんだろう。生まれ持った秀才なら他にも生きる方法はあっただろうけど、勉強もできない奴らは、何にも得意なこともない奴らはどうやって上に上がれる?もちろん窃盗とか殺人とか、人としてやっちゃいけないことはある。でもなんか違うよ。こう言う奴らでもチャンスがないのはなんか不公平だよ。半グレ集団でしか生きられないなんて変だよ。最後の牛丼屋の社会人の言葉。ああ、私が使う言葉だ…。なんかものすごくショックだった。
2

SUNNY 強い気持ち・強い愛

3.8
SUNNY 強い気持ち・強い愛
公開日 2018年8月31日
上映時間 119分
配給 東宝
制作国 日本
年齢制限 PG-12
公式サイト http://sunny-movie.jp/
メインキャスト 篠原涼子 , 広瀬すず , 小池栄子 , ともさかりえ
定額見放題
レンタル amazon prime video ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV Rakuten TV

SUNNY 強い気持ち・強い愛のあらすじ

夫と高校生の娘と暮らす40歳の専業主婦、阿部奈美(篠原涼子)は、日々の生活に空しさを感じていた。一方、独身で39歳の社長・伊藤芹香は、ガンで余命1か月を宣告されてしまう。およそ22年ぶりに再会した芹香にもう一度みんなに会いたいと告げられた奈美は、ある事件が原因で音信不通になった仲良しグループ“SUNNY(サニー)”のメンバーを捜そうとする。

SUNNY 強い気持ち・強い愛の口コミ・評判

学生の時ってほんとなにしても楽しかったな〜大人になってからも仲良くしてる友達大切にしよって思える映画。曲もすごく良き!
この映画に描かれた時代に高校時代を過ごしたので、懐かしい気分になった。ビジュアルの再現度はかなり高かったのではないだろうか。クラスにこういう女子いたな〜と思えたし。韓国版に比べてシビアな社会情勢的な要素は薄まっているが、そういうことに無縁なままで青春を謳歌できたのがあの時代だったりもするので、これはこれでありだろう。しかし社会を反映していない作品では決してない。高校時代、あんなに輝いていた5人の行く末は明暗が分かれる。経済的に男(夫)に頼れた2人(奈美、裕子)は裕福に暮らし、そうでない2人(梅、心)は苦しい生活を送っている。その構図自体に日本社会の不平等感が刻印されている。そんな社会にあってもそんな中、リーダーだった芹香だけは自らの才覚で人生を切り開いた。まあ、小沢健二でダンスするコギャルが当時いたかどうかというと、多分あんまりいない気がするが、そこだけは監督の好みが優先された印象。
大根監督は好きな監督なんだが、前回の「奥田民雄・・・」といい今作といいなんかいまいち。初めの女子高生が踊りだすミュージカルシーンがダサくてひいた。日本のミュージカルはどうしてもダサくなってしまう。キャラが全然分からない女子高生が踊りだしてもなんのこっちゃと思い感情が全然入っていかない。キラキラした彼女たちの日常を表現したいのは分かるんだがまだ感情がついていかない。高校生時代の主人公と大人になってからの主人公の演技で動きをあえてシンクロさせて同じ人物だと表現する演出は流石に大根監督と思わせてくれるしともさかえりのやさぐれた演技もすばらしいがイマイチ登場人物達に感情が入っていかない。自分も高校や大学の時は楽しかったと思うがそれはそれで今は今で楽しい所がたくさんある。若い頃の楽しさなんてあまり深みがない気がする。最後にお金持ちの友達が居てみんなチャラっていう所もなんかなあ。最後に現れるキャラがいまどうなっているんだろうか?とそれだけが見た後にもやもやした。軽く見られるが残らない映画。
1

恋は雨上がりのように

4.1
恋は雨上がりのように
公開日 2018年5月25日
上映時間 111分
配給 東宝
制作国 日本
公式サイト http://koiame-movie.com/
メインキャスト 小松菜奈 , 大泉洋 , 清野菜名 , 磯村勇斗
定額見放題 netflix amazon prime video
レンタル amazon prime video ビデオマーケット dTV TSUTAYA TV Rakuten TV

恋は雨上がりのようにのあらすじ

陸上競技に打ち込んできたが、アキレス腱のけがで夢をあきらめざるを得なくなった高校2年生の橘あきら(小松菜奈)。放心状態でファミレスに入った彼女は、店長の近藤正己(大泉洋)から優しい言葉を掛けてもらったことがきっかけで、この店でアルバイトを始めることにする。バツイチ子持ちである上に28歳も年上だと知りながらも、彼女は近藤に心惹(ひ)かれていく。日増しに大きくなる思いを抑え切れなくなったあきらは、ついに近藤に自分の気持ちを伝えるが……。

恋は雨上がりのようにの口コミ・評判

アニメは観たが漫画は未読。映像であるアニメと本作を見比べてみると再現度は高かった。故に、展開がわかっていた。しかし、大泉洋や清野菜名をはじめとする俳優さんの演技が良く、見事に引き込まれていった。中身を保ちつつも極限まで削れる所を削っていて内容の濃さと同時にテンポの良さも感じた。私は、三島有紀子監督の映画『 ぶどうのなみだ』が好きなのだが、この作品の主演も本作同様に大泉洋だった。そして、両作品とも雨が大きな役割を果たしていた。それもあり、今回は感慨深かった。ところで、雨は色々な役割があってその印象も多種多様だ。雨は、五穀豊穣をもたらしてくれる。このような恵みをもたらすものとしてプラスで捉える場合もあれば、悲しみなど気分の落ち込みを表現する事もある。様々な作品で雨が降りしきる場面が見られるが、その意味は毎回異なるので面白いなと思う。そんな雨だが、本作におけるそれは、「未練」と「執着」の狭間、厳密には二つの繰り返しを表すものではないだろうか。店長が話した「未練」と「諦め」の違い、九條ちひろが語った「未練」と「執着」。これらはあきらや店長に当てはまっていた。そして、他の登場人物にも当てはまっていたように思う。本作では、恋愛要素よりも陸上や小説の執筆といった未練に対し、執着する様子が見られた。しかし、最後の場面で恋愛への未練と執着の一端が垣間見えた。友情も恋愛も夢も諦めきれないことは沢山ある。諦めきれないからこそ遠ざけようとするが、離せば離すほど近付いてしまうものなのだろう。
原作未読なので映画単体としての話をすると、ちゃんと分別のある大人が、ちゃんと分別ある対応をするちゃんとした話だった。店長とほぼ同世代の者としては、ドラマを盛り上げるために余計な色を付けがちなフィクションの世界で、こういう大人が主人公として機能していることはとても喜ばしい。ただ、映画を観ることは「突拍子もないものに出会いたいという欲求を満たすこと」という思いもあり、折り目正しさ=面白さではないことも痛感した。本作が面白くないのではない。ただ「折り目正しさ」と「映画」って実はあまり相性がよくなく、品の良さが作品の上限を定めてしまうようにも感じるのだ。もうひとつ、こういう企画物の限界を感じたのは、例えば大学の友人と居酒屋に行くシーンの「おお!学生時代の同人誌かあ、懐かしいな」(うろ覚え)みたいなセリフ。本来は「おお!懐かしい」だけで充分なのに、過度の説明セリフや説明描写は観客をバカにしているように感じてしまう。いい作品なだけにもったいない。
設定的に漫画は食わず嫌いで読まなかったのですが、映画見てビックリ。女子高生とおっさんの気持ち悪い恋愛物ではなかった。店長はあきらの恋心には応えなかったけどそれで良いと思います。あきらが心の中に抱えてる本当のものを見抜いてたんですね。あのまま恋愛に溺れてもおかしくない年頃ですし、それを否定はしませんがね。あの時陸上に戻ったことが、あきらの今後の人生をさらに豊かにしたと思います。

この記事で紹介した映画

この記事で紹介した人物

おすすめ記事

ジャンル別映画

公開年別映画

動画配信サービス